Talk Show

東京POP UP初日にトークショーを行います。

ここに辿り着くまでの様々なストーリーを是非お伝えさせて下さい。

 

 

UNRESS Y2 × BLANK(河合龍之介) × 山内圭輔トークイベント

 

2019.10.12 (Sat) 19:30~20:30

 

UNRESS (UNRESS)19AWの商品やテーマ、(Y.MUCK)の誕生秘話、製作プロセスを中心としたトークセッションになります。

 

場所:ZOOMAN原宿(POP UP STOREと同会場)

東京都渋谷区神宮前3−21−18

 

参加条件:UNRESS (UNRESS) POP UP STORE商品購入者対象

UNRESS (UNRESS) POP UP STORE内で、先着で商品を購入頂いた方が対象となります。

商品を購入頂いても定員に達してしまった場合は参加出来かねますので、予めご了承下さい。

 

定員:15〜20人

会場は狭いスペースとなります為、人数を制限してのイベントとなります。ご了承下さい。

尚、15人以降のお客様は立ち見となる可能性がございます。

集合時間等の詳細は参加頂くお客様に直接お伝え致します。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

19AW Image

19AWのイメージヴィジュアルです。

inoriとの取り組みはこのヴィジュアル撮影で「どんな表現が出来るか」、「どんな絵が作れるか」というのが1つのクライマックスでもありました。

 

スタイリングイメージ的なルックの写真は別で撮る予定なので、この場では「服が分からなくても世界観が伝わる写真」、「服、モデル、背景が絶妙なバランスで調和する写真」を目指し取り組みました。

こちらも普段のモデルさんの仕事とは違い、より内面的な世界を表現する(演じる)という部分が強い撮影だったと思います。

 

 

 

 

 

 



 

この2ルックは、一番最初に作品撮りのロケでも訪れた中野の路地です。

同じ人間が、同じ場所で、1つの違いは1つのプロセスを共有してきたという事。

目には見えないけど確心的な何かをもって臨む事が出来ました。

雨が降ったり止んだりの絶妙な空模様で、幻想的かつリアリティのある絵が描けたと思います。

写真には写らないストーリーをイメージしながら見て下さい。

 






 

最後のルックはものづくりの現場、原織ネームさんでの撮影。

商品が作られる現場で写真が撮りたいというのはinoriからのリクエストでもありました。

普段あまり表に出る事のない製作の現場にモデルさんが居るという違和感、ものが生み出される場の色々な感情や葛藤がおり混ざった雰囲気を作りたいと思いました。メイクもまつ毛を白く塗り、より異空間を表現しました。

 

いかがでしょうか?

3ルック3様、それぞれの表現が出来たと思います。

UNRESSの服を通し、「ストーリーやリアリティを追求する部分」、「ものづくりを重んじ、そこから見えてくる特異な世界感」を感じて頂ければ嬉しいです。

 

Styling: UNRESS / inori

Hair&Make: 小園ゆかり

Photo: 柳見澤淳

 

ありがとうございます。


UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

言葉より、写真で。

こんにちは、inoriです。


今週は、ようやくモデルとしての

本領発揮と申しましょうか…

2019AWのお洋服を着て

撮影して参りましたので、

ご覧いただきたく思います。








 





















普段は文章ばかりのブログを

書いてしまうわたしですが、

今回ばかりは文章少なめでお送りします。

解説ばかりしても野暮ですし、

伝えたいことは写真に込めたので

細部まで見ていただけたら。



ひとつだけ、

どうしてもやりたいと

やじさんに主張したのは

服が生まれたところで、

服を撮りたいということ。


原織ネームさんの工場をお借りして

最後のカットを撮らせていただきました。

ありがとうございました。



男でも、女でも着られる

ユニセックスなこの服を

女だけれども

男並みに髪が短く、背が高いわたし

が、着ることで


ちぐはぐな感じだったり

面白さだったり

受け皿の広いUNRESSの洋服の魅力が

伝わればいいな。



あとはもう、

POP-UPで実際に

服に触れて、着て、見て

存分に魅力を味わっていただければ。



眼を、しかと開いて

見にいらしてください。


それでは、また。

ようやくモデルらしいことができた

inoriがお送りしました。

(Y.MUCK)

来月のPOP UPで新たなコラボレーションを発表します。

 

 

俳優の"山内圭輔”君

 

BLANKを通して紹介してもらったのだけど、とても素敵な絵を描くんですよね。

実際に会って色んな絵を見せてもらい、より彼の世界観に触れる事が出来ました。

 

今期のテーマである "Re: Nostalgic" にもリンクする部分があり、これは面白い物が出来そうだと感じています。


同じ感覚やマインドを持っていると自然と巡りあわさるという事をリアルに感じた出会いでした。

 

 

(UNRESS)×山内圭輔=(Y.MUCK)

 

として生み出されるアイテムをご期待下さい!

今後も彼のブログ等でも作品への想いやプロセスを語っていただく予定なのでどうぞお楽しみに。

 

UNRESS Y2

www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

Re: inori

5月から続いていたinoriとの取り組みも、全ての取材日程を終え、残すはPOP UP STOREにて商品やイメージヴィジュアルを実際に皆様に見て頂くのみとなりました。

 

 

 

 


 

 

「inoriとこのタイミングでで一緒に何か出来たら面白そうだな」が始まりで、自分にとっても漠然としたイメージから始まった企画だったので、やりながら決めていったり、その場で修正するなんて事も多くありました。普段のモデルさんの仕事とは頭の使い方や、プロセスが全然違うのに本当によく対応してくれたと思います。

 

常に準備を怠らず、仕事に対する姿勢はこちらも学ぶべき事が多く、常に背を正してくれる存在でもありました。

 

 

浮世絵の文化や背景については本当に沢山の知識を持っていて、アドバイスを貰ったり、時にはディスカッションをする事もありました。そんな中で生まれた「刺繍ダウンシャツ」は自分にとっても思い入れのあるアイテムになりました。

 

 

さらには刺繍のテクニックやものづくりのアプローチの仕方や考え方は今後のUNRESSの武器になると感じています。この取り組みで沢山の事を得る事が出来ました。

 

 

ものづくりの現場を経て出来上がったヴィジュアルは一層厚みのあるものになっていると思います。

この絵を見たかった為にこれまでやってきました。inoriとUNRESSでしか出来ない表現です。

次週のinoriのブログから紹介して貰う予定なのでご期待下さい。


 

POP UP まであとわずか。

まだまだやる事山積み(笑)最後まで集中切らさず臨みます。

 

UNRESS Y2

www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

中身に込めたこだわり

こんにちは、inoriです。

さぁ、今週は先週に引き続き、

今季のメインピース

ダウンシャツのお話について。


前回は出来上がってきたアイテムの

見て分かるポイントについて

ご紹介させていただきました。

今回はそのシャツに込めた

想いについて、デザインについて。





8月上旬にダウンシャツの

デザインを見せてもらった時、

こんな感じで大きなバラの刺繍を

ボンボンと置いていこうと思うんだよね。

と、やじさんが言った時に

驚いてわたしが口を挟んだのが

事の発端でした。


というのも、

そこからさらに遡って

ブログを書き始めた当初、

アダチ版画研究所に行き、

葛飾北斎の『菊に虻』を買いに行ったことを

皆さん覚えていますでしょうか?

この絵をモチーフに

シャツの柄をデザインすると

聞いていたわたし。


え、北斎じゃなくて?菊じゃなくて?

薔薇なんですか?なんで?

浮世絵をデザインに取り入れるんじゃなかったんですか?

その要素はどこに行っちゃうんですか?

と、不躾に質問攻め。



北斎の絵をそのまま使うんじゃなく

UNRESSらしいストリート感とか

古着っぽさ、ノスタルジックさを出すのには

薔薇がいいかと思ったんだ。

と、やじさん。



薔薇がダメなんじゃなくて…

でもただ同じテンションの刺繍を

いくつも載せていくよりも、

浮世絵の要素を取り入れるなら…

と、

わたしの考えを話させてもらいました。


本来モデルの立場では

口を出すべきではないと思いますが、

やじさんはわたしの考えを

最後まで聞いてくださいました。





アダチ版画研究所では

買う目的だった『菊に虻』以外にも

たくさんの版画を見せていただき、

浮世絵についても

たくさん学べた私たちだから

できることがあるんじゃないかと。


たくさん見せていただいた作品の中に

やじさんも、わたしも目が釘付けになった

歌川広重の版画がありました。

広重花鳥大短冊撰『牡丹に孔雀』

構図の中でいちばん手前に来る牡丹は

輪郭線を入れないことで

写真のピントが合っていないように

ボヤけて見えるように。


牡丹より葉、葉より孔雀と

奥に行くにつれて密度を増していく絵が

遠近感とか、奥行きとか

目の行くところを

うまく分散させるような描き方。

二人して、

写真機のない時代に凄いねぇと

本当に感動したのです。


浮世絵だからこそ

版画だからこそ

刷り分けることで

モチーフそれぞれに差を出すことが出来る。



せっかくなら、

それをシャツのデザインに

取り入れたらどうかと。


北斎も、広重も

扱うモチーフに違いはあれど

浮世絵だからできる表現だとか構図に

工夫を凝らしていたのだから


薔薇の配置とか、描き方は

北斎から取り入れて、

刺繍の糸の入れ方は

広重から取り入れてはどうかと。


そしたら今回

アダチ版画研究所へ取材に行った意味も

やじさんとわたしの二人で見に行った意味も

わたしがブログを通じて経過を見てきた意味も

やじさんがデザインをする意味も

全部全部繋がるんじゃないかと。





ここまでをブワーッとまくし立てたわたしに

なるほどねぇ、おもしろいねぇと

最後まで聞いてくださり、

デザインに取り入れてくれた

渾身の刺繍がこちら。

輪郭線を入れたところ、入れないところ

シルエットだけのところ

要素だけを抜き出したところ


よくよく見ると

刺繍の入れ方が一様ではないのです。

薔薇の部分の糸の入れ方も

向きがバラバラなので

見る角度によっても、光の加減でも

全然見え方が変わります。

それは刺繍だからできることだし、


先週もご紹介したように布自体も

独特の光沢感が楽しめるようになっていて、

それは、

服作りを生業とするやじさんだから

出来ることだし、作れるものです。



色んなアートに触れて

まるっと飲み込んだものを

それを自分に出来る方法で

新たな解釈を加えて世に送り出す。


やじさんの場合は

それが浮世絵を見て学んだことから

洋服へのデザインに起こすこと。


そして、

わたしの場合は

側で見ていたデザインの過程を

写真に散りばめて伝えること。



ここ数ヶ月取材を重ねて

ものづくりの現場を見せていただいて

ブログを書いてきたからこそ

出来ることがあるんじゃないかと。



側で見続けてきたからこそ

思いついたわたしのアイデアを、

ざっくばらんに

色々な話をできる関係性があったからこそ

わたしは提案させてもらえたし、

やじさんはデザインに取り入れてくれたり…


今回はわたしにも、やじさんにも

普段とは違った服への向き合い方が出来て

たくさんの発見と学びがありました。


その中で

色んな意味や、想いのこもった

特別な1着が出来たのではないでしょうか。



来週はついに、

そんな今季のアイテムを使用して撮影した

ビジュアル作品を

皆様にお披露目させていただきます。





おそらく今季の

ブログのクライマックスは

今日なのではないかと…


ブログだから出来ることは

今回までの回に誠心誠意込めました。



来週は、

モデルだから出来ることを

頑張ってきた成果をお披露目させてください。


そのあとはいよいよ

POP-UPストアで皆様に

実際に洋服を手を取っていただくこと。


わたしたち、作り手が出来るのはそこまで。


それ以降は皆様の手元で

そのお洋服がどういった道を歩むのか。

どういった関わり方をして

また別の何かにつながってゆくのか。


それについては

わたしたちには知るすべもありませんし、

なにかを繋ぐということを

負わせるつもりもありません。


ただ、

その服を着ることでその日1日を

楽しく過ごすことが出来るなら

自信を持って過ごすことが出来るなら

そんなことを願って

わたしは

作品を作ったり、発信したりしています。


それが、少しでも伝わるといいなぁ。



クライマックスを迎えたとはいえ、

ブログはPOP-UP終了まで

もう少し続きます。


来週以降も引き続きよろしくお願いします!

inoriでした!

The Nostalgic

今シーズンのUNRESSのメインピースとなる刺繍ダウンシャツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮世絵の精神を現代のバラに落とし込む矛盾。

服としてのクオリティを保ちつつ、主張しながらもデイリーに着れるデザインか。

様々な要素を取り込みながら、自分のバランスを信じて作りました。

 

inoriのアイディア、工場の方々の技術。色々な力が交わって出来た作品です。

 

(UNRESS)というベーシックラインを始めてから、既存のUNRESSでは尖ったものづくりが出来ていると感じています。

万人に受けるデザインではないと思いますが、ブランドの世界観、哲学を感じ取って頂ければ良いと思います。

 

UNRESS Y2

www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00



 

見た目から分かるこだわり

こんにちは、inoriです。

ようやく涼しくなってきて

空気や光が秋めいてきましたね。


さて!

今日は、いよいよ、

AWコレクションのメインピースである

ダウンシャツが上がってきたので

ご紹介させていただこうと思います。





見映えのする1着が

仕上がって参りました。


纏まりがあるし

一見シンプルにもみえますが

何か違うぞ?普通じゃないぞ?という

見映えがあります。



ボタンのメタリックな輝き、

刺繍の面が織りなすつややかさ。


生地自体が持つ

見る向きによって変わる光沢感。

遠目で見てもサマになるし

寄って見ると拘りがたくさん見えてきます。



ポケットの右下部には

ミリタリーウェアによくみられるような

金具が付いていることで、

ただの普通なシャツでは

終わらせないこだわり。


もちろん見た目だけではなく機能面も。

裏地には薄手のダウンが

縫いとめられています。


とても薄いから軽くて着心地が良いし、

ぱっと見、普通のシャツに見えるくらい

スッキリおさまって見えるのに

しっかり暖かいのも魅力かと。

着膨れしたくない方には特におススメです。



程よい張り感があるので

体のラインが出過ぎることもなく、

かといって遊びすぎることもなく。

見た目も着心地も

ふんわりと軽く着られます。



今季のテーマである

ノスタルジックな空気感も

身に纏えるのではないかと。





魅力的な1着が出来たんじゃないかと

やじさんも満足していました。



それでも、ここに至るまでは

ブログでもお伝えしてきたように

たくさんの試行錯誤がありました。



皆さん

覚えていらっしゃいますでしょうか?


約1ヶ月前に

わたしが書いたブログの記事で

刺繍のイメージを説明してもらったときに

わたしがやじさんに疑問を呈して

モノ申したというくだり…


そして、

そこのくだりを今度ご説明しますね

と言ったきり触れてこなかったこと。



見た目から、仕上がりから

伝わる魅力については

今週、お伝えさせていただきました。


このデザインに、仕様に至るまでに込めた

色んな思いやこだわりについては

次週のブログで

しっかりお伝えしたいと思います。





毎度毎度長くなってしまう

このブログですが、

ようやくブログを続けてきて

一番お伝えしたいメインどころに

次週!ようやくたどり着きます!


頑張ってお伝えしますので

次週もどうぞよろしくお願いします!





POP-UPの詳細が少しずつ

決まってきております!


当日の在店時間などについては

また後日おしらせしますね〜



今週も、

inoriがお送りしました〜。

また来週もお付き合いください。


Patchwork





・UNRESS Patchwork T-Shirt

 

間違った価値観ですが、ヤバいTシャツを着ている人、着こなしている人が世界で一番かっこいいと思ってます(笑)

(派手であればいいって事ではなくて、本人に合っている、哲学が色濃く反映されている etc、色々な要素からくるヤバいの意味です)

Tシャツ製作は自分のかっこいいを追求する上でも1番重きを置いている部分です。


パッチワークTシャツは定期的にリリースしていて、UNRESSの商品の中でも特に人気のある商品です。

パッチワークだけど出来るだけ色味を統一し、溶け込みながらも主張するというUNRESSの哲学が良く表現出来ていると思ってます。

新作はマスタード〜茶のグラデーションで作りました。





・Rose Jet Cap


前回の通販でもあっという間に完売になったRose Cap。パッチワークTにも合うようにキャメル色でリリースします。

同色のバラ。エレガントとカジュアルと少しの毒っぽさ、そして合わせやすい。是非色んな方に手に取って頂きたいアイテムです。



 *


POP UPまで1ヶ月を切り、少しずつ全体の輪郭が見えてきました。

まだまだ緊迫した状態が続いていますが、UNRESS、(UNRESS)両ラインともに良いバランスで作れていると感じています。

自分としても早く全商品を会場に並べた景色が見たいとウズウズしています。そして皆様にも早くその世界観に触れて欲しいと思っています。まだまだやる事も山積しており、スタッフ一丸でコレクションを完成させたいと思います。

(UNRESS)の商品レポートは相棒BLANKのレポートが始まったのでこちらをチェックして下さい!どんどん更新予定です!



UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

よろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

www.unress.com

少しはみ出す、変わる、冒険する。

こんにちは、inoriです。

先日、少し遅めの夏休みをいただいて、

旅行に行ってきました。


犬山城に明治村、岐阜城と

伊勢神宮、猿田彦神社、佐瑠女神社に行って

歴史のある建築物を見たり

清らかな空気の中、深呼吸したりして

思いっきりリフレッシュしてきました。


色んなパワーをいただいて帰ってきたので

また張り切って頑張ります!

今週もどうぞよろしくお願いします。





さて、今回は

UNRESSのアイテムの中でも

過去に人気があったものをベースに

新しい素材や色で新たな提案をする

2アイテムをご紹介します。



まずは

パッチワークのカットソー。

少し前のブログで、

縫う前の状態のものをお送りしましたね。


フラットシーマと呼ばれる

下着にも用いられるような、縫い代のない

少し変わった縫い方をしています。

このようにひっくり返してみても

生地の端や縫い目が

どの面から見ても飛び出していないため、

素肌で着ても心地よい、

肌触りの良い仕上げになっています。


袖は

少し長めに出来ていますがリブがあるので、袖をまくったときに、

しっかりと止まってくれます。





それから、こちらのキャップ。


薔薇のワッペンがついた、

ウールのジェットキャップ。

パーツごとに少しずつ

糸の差し方や向きを変えて立体的に見せることで

小さいながらも存在感のある

刺繍が効いたアイテムになっています。



先に、この前リリースした

こちらのデニムバージョンは

なんと、発売から5分で完売したそう。



2つを並べてみても

バッチリ色味が合います。


早速身につけてみました。


少し浅い作りなので

男の子に比べて頭の小さな女の子でも

被りやすいバランスになるのは

ジェットキャップならでは、かと。



どうせ合わせるなら

全部ブラウンベースで揃えるという

ちょっと攻めたコーディネートも

いかがでしょう?

オーバーオールのような

主張の強いアイテムにも負けない

しっかりした存在感がどちらにもあります。


もちろん、

スキニーやスカートも合うでしょうし

青いデニムに合わせてもいいし

さまざまなアイテムに合わせやすそう。


メインに据えても、脇役にしてもいい。

使い勝手が良さそう…!



他であまり見ない色味だったり、

UNRESSらしさの見えるデザインだったりするのに

何にでも合わせやすいというのが、

流石のバランス感だと思います。





普段、わたしは

モノトーンばかり選んで着てしまうのですが

今年は

普段手を伸ばさない色や素材にも

少し挑戦してみたいなぁと思いました。



簡単なことではブレない

自分のスタイルを確立した人にも惹かれますし、

どんなものも物怖じせず

柔軟に自分のスタイルに取り入れられる人にも惹かれます。



これは一生モノ!と思って買ったのに

一年後、衣替えで引っ張り出してみたら

驚くほど似合わなくなってるものもあるし、

そうやって似合わなくて

何年もしまいこんでいたものが

数年後急に似合うこともあったりするし。



変わらないでい続けるのも難しいし、

それでいて、変わり続けるのも難しい。

だからこそ、

毎シーズン着続けられる何かを探し続ける。

というのは、面白いと思うのです。



だって、変わり映えしないようでいて

自分は毎年必ずどこか変わっていて、

だからこそ、その年ごと、シーズンごとに

似合うバランスってそれぞれあるはずで。


でも、何年経っても似合わない色や形が

どうしてもあったりなんかして

それでも気になって

手に取っては、また遠ざけてみたり。


そんな変化や挑戦を繰り返す、

その積み重ねの中で残ったものが

自分のスタイルになるのかなぁ。

なんて。



今年は、

バランスなのか、色なのか、素材なのか

まだわからないけれど

今までのバランスの中から少しはみ出して

小さな冒険をしてみたいと思っています。



その冒険の中で

変化するクローゼットの中身や

アイテムの経年変化

自分の変化を

あとから振り返って楽しめたらいいな。





なんて、また脱線してしまいましたが

普通だけど普通じゃない、他にはない

色使いや素材のアイテムだと思うので

少しだけはみ出してみたい人にも

オススメしたいです。



さぁ来週はどんなアイテムが

ご紹介できるでしょう。

楽しみにお待ちください。


それではまた。

inoriがお届けしました!