NAGOYA POP UP ! / 19AW Online Shop

遅くなりましたが名古屋POP UP、沢山のご来場ありがとうございました。

 

初めての地方開催でしたが色々な反応や言葉を頂き、大きな手応えを感じる事が出来ました。

 



(気持ちはルーキー。通りすがりの方も多く入ってきてくれました。)



新しい事をする事はとてもパワーのいる事だけどその分得る物も大きくて、

デザイナーとしてもブランドを運営する代表としてもとても良い経験が出来たと思います。

名古屋限定で作った一点物シリーズはあっという間に完売で、感覚的なデザインアイテムだったので大きな自信になりました。

今後はもっと振り切った(且つしかっりバランスの取れた)商品を作っていくのでご期待下さい。



そして2日間 (準備も入れると3日間)、一緒に戦ってくれたBLANKは本当に頼もしい存在でした。

実際2人で回せる規模ではなかったですが(笑)フル稼働で頑張ってくれました。

UNRESSにとってはビジネスパートナーですが元は古くからの友達で、そんな友達とここまで深いものづくりを共有して、名古屋にまで来れるのは本当に楽しいし、ありがたい事だなあと実感しています。

帰りの新幹線はお互い疲れきっていたので爆睡するかと思いきや、次のコレクションの打ち合わせを始めてしまいあっという間に東京に着きました(笑)

次もとても面白い事が出来そうなのでお楽しみにしていて下さい。



改めて名古屋POP UPどうもありがとうございました。

晒されるという事はとても勇気の入る事ですが、恥をかいても間違えてもその分リアルな感覚を得る事が出来ます。

今後も現場主義で行きたいと思っています。どうぞご期待下さい。

 

 

興奮さめやらぬまま、明日11/2 AM10:00よりオンラインショップにて19AW商品をUP致します。






東京、名古屋とPOP UPを行ってきましたが通販の要望も多く頂いていました。

数が少ない商品もございます。是非早めにチェックしてみて下さい。

 

よろしくお願いします。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

ONE OFF

名古屋POP UPに向けて1点物のリメイクを製作しました。

 

 

ベースは昨年リリースしたKŪスウェット。

ユニセックスからレディス仕様に。同色のレースやフリルを叩きつけています。

 

¥20,000+tax

 

¥20,000+tax

 

 

¥17,000+tax

 

つり編みの肉感のあるメンズっぽい生地感にゴシックっぽさをプラスして独特な雰囲気を醸し出しています。

レースやフリルの繊細なものが集まると凄くパワーを持つので昔から好きでした。

久々のレディスのデザイン(リメイクですが笑)は楽しいです。




東京POP UPで全ての服を並べた時に、より自分達の世界観を表現する為には、もっと性にクローズアップしたアイテムがほしいと感じました。

お客様からもレディスの要望を頂いたり、YUKIちゃんのライブ衣装や、ヴィヴィアン等の強い女性服から影響を受けていたので良いタイミングで作れたと思います。


1点物ってやっぱり独特な雰囲気がありますね。感情や感覚は詰まっていても出来るだけシンプルに着れるように作りました。

是非、見て、着て、感じて頂けたらと思います。


 

東京POP UPで好評だったRose Down Shirtも名古屋でも受注販売致します。

 


¥54,000+tax

(受注生産、11月末のお届けになります。)


想いの詰まった一品です。

 

その他、名古屋POP UP限定の商品も用意しています。

BLANKのレポートでも紹介しています。是非チェックしてみて下さい!

 

初の地方POP UP!全力でいきたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

 

ひとりでは出来なかったこと

こんにちは、inoriです。


先日、東京でのPOP UP STORE

台風の影響残る中、お越しいただいた皆様

ありがとうございました。


UNRESSとしてはまだこれから

名古屋のPOP UP STOREがありますが

わたしはそちらには参加できないので

気づけば

わたしが書けるブログとしては

これが最終回となりました。


振り返ってみると長いような短いような。

今回もどうぞお付き合いください。





「伝える」ということにフォーカスして

駆け抜けたこの数ヶ月。


読んでくださった皆様に

どこまで、どれだけ、

UNRESSのものづくりの魅力を伝えられたか

まだまだ不安が残るところはありますし


ニュアンスひとつで、

印象がガラリと変わってしまう

言葉、文章というものの難しさに直面したりと

試行錯誤を繰り返すなかで


読んでますよ〜と言ってくださる方の

感想だったりとか、

やじさんからの反応だったりをいただけて

とても嬉しかったです。



モデルの仕事だと

その場で感じたことを

感覚でアウトプット、体現してきたところを


言葉を選ぶ、という段階を経ることで、

感覚で書くことは出来なくなり、

使う言葉の意味を改めて確認したり

どれが一番的確な表現か取捨選択をしたり

時間をかけて吟味する、という事を

徹底的にやりました。



他にも

下調べをしたり、記録を残したり、

コミュニケーションを密にしたり、

普段やらないことをやってみることで

いろんなものの見方をすることが出来て

とても学びの多い時間となりました。


普段、受け身で仕事してしまう機会が多い中

(それが当然といえば当然で

今後も入り口としては

依頼を受ける、オーディションで選ばれる

などの、受け身体制に

なってしまうとは思いますが)


もっと、前のめりになって

もっと、周りの反応や感覚を取り入れていけば

もっと、たくさんの情報を

写真に込められるんだな、

込めていきたいなと思いました。



きっとそれは、わたしだけじゃなく

やじさんにも共通することなのではないかと。





やじさんは、これまでは普段ひとりで

デザインから、パターンをひき、

仮縫いを経て、ブラッシュアップし、

服を作り上げて、出荷作業もして、

売り込んで…

またゼロに戻って、その繰り返しでした。


それが

龍さんを交えての(UNRESS)だったり、

今季のブログを書くということを通して

わたしを交えてみたりと、

外部との関わりや、接点を増やすことで

ひとりでやってきたときと比べて、

今後のやじさんのものづくりに

変化が出てくるのではないかと

わたしは楽しみにしています。



例えば今季なら

ダウンシャツのデザインについて

無茶苦茶に、議論をしました。

無茶苦茶な議論、をしました。



結果、お互いの関係性を持って

お互いの分野に踏み込むことで

新しい発見や可能性、アプローチの仕方を

お互いが見つけることができました。


それが

人を交えてのものづくりの

醍醐味だと思っています。


それでも、

結局のところは

最後の最後のアウトプットをするのは

ひとりにならなくてはならないし、

いくら人の意見や感想があろうと

最終的なジャッジを下したり

取捨選択を行うのは自分ひとりです。



人に頼らないとダメなんだなぁとか、

他の人の色が入るの嫌だなぁとか、

あー、なんか変わっちゃったなぁとか、

人を交えてやることで

いろんな反応が返ってくることがあります。


ただ、それでも

自分の名前で作ったものを出す以上、

自分の裁量で納得のいくものしか

やじさんもわたしも出さないはずなんです。



実際、

仮縫い段階で出していた

シャツワンピースを

わたしはとても気に入っていたのですが

最後は、出さない、という結論に至ったり、


刺繍についてわたしが提案したことのうち

採用されていない案もあります。



関わる人が増えたことで

その分、それだけの

目が、手が、意見が、増えます。


それによって、起こるであろう

今後のUNRESSの変化を

みなさんと一緒に

楽しみに見ていけたらいいなぁと思います。



その変化が好きだったり嫌いだったり、

みなさんから

いろいろ反応があるかもしれませんが

それも含めて、その反応ありきで、

きっとまたその先も

変化していくと思うのです。


そして、やじさんは

きっとそれも、

いいね、面白いね!と

ワクワクしながら楽しみながら

ものづくりを続けてくださる方だと

わたしは信じています。



だから、どうか些細なことでも

感想や意見があれば伝えて欲しいです。

着るということや、買うということで

反応してみて欲しいです。

そうやってみなさんにも

ものづくりに携わってみて欲しいです。



ものづくりって

届ける相手がいないと成立しないんです。

受け手あっての、作り手です。


作り手と、受け手って

実はとっても近いんです。



今季はたまたまわたしが

「伝える」というところを

担わせていただきましたが、

それがなくても、

自ら調べたり、着たり、感じたりすることで

きっとものづくりを知ることはできます。


ですから、

どうか今後もUNRESSへ

興味の矢印を向けていただけたら幸いです。





きっとわたしがそうであったように

やじさんもきっと

普段ひとりでやっていては

気づけなかった事柄が

たくさんあったのではないかと思います。


ブログを通じて、取材を通じて

少しでもやじさんのものづくりが

面白いものに変化していく

お手伝いが出来ていたらいいなと

思っております。



今後とも

受け手も作り手もワクワクするような

そんなものづくりをUNRESSに期待します。





UNRESSにも、みなさんにも、

関わらせていただく機会を頂戴し

とても幸せな時間を過ごすことができました。

本当に長々お付き合いくださいまして

ありがとうございました!


今季の関わり合いから

わたし自身も変化をして、

より良いものづくり、仕事が出来るよう

精進いたしますので、


UNRESSともども

よろしくお願いいたします。



数年前の出会いと、今年の春の再会。

今季の関わり合いに感謝して

ブログを締めたいと思います。


本当にありがとうございました!


またいつか、どこかで

お会いしましょう!


inoriでした。


p.s.

名古屋のPOP UP STOREも

どうぞよろしくお願いします!


TOKYO POP UP !

東京POP UP、無事終了しました!

急な日程変更でご迷惑おかけしましたが沢山の方に来て頂き、本当にありがとうございます!

 

 

台風の影響で来れなくなった方も居たと聞きました。

天気に関してはこちらも受け入れるしかなかったのですが、また何らかの形で見て頂く機会を作れればと思っています。

 

1週間前くらいから台風直撃のニュースが上がっていて、一体どうなるんだ?と不安でいっぱいでしたが、

まさかのウルトラC、ギャラリーのオーナーのご好意で日程を動かす事が出来ました。ありがとうございます。

 

全精力を絞り出して作ったもので、実際手に取って、着て、頂いて色々な反応が見れて貴重な時間でした。

 

 

個人的な感想としては、このブログを通して製作を追っていたRoseダウンシャツ(本当はキルティングシャツが正式名称なんですが、ずっとこの名称で通ってきてこっちの方がしっくりきているのでこのままいきます笑)が沢山の方に評価して頂き、受注頂けた事が本当に嬉しかったです。

「これ見にきました!」と言って頂けたり、会場に来るや、真っ先にダウンシャツを試着してくれたり、良い反応を頂く事が出来ました。もちろん高額な商品になるので全ての方が買えるものではないですが、こちらの「熱」が伝わっているという事を感じる事が出来ました。自分としても今まで作ってきたものとは違って、浮世絵文化を掘り、カルチャーを研究し、最終的には感覚的な部分にかなり頼って作りました。大衆的な「良い」ではなく超個人的な「良い」を信じる事。そしてそれが形に出来た事。小さな1歩ですが、今後のUNRESSのモノづくりに大きな影響を与えるプロセスでした。

 


一緒に製作を追ってくれたinoriには感謝しかありません。イメージビジュアルもぞくっとする程良い仕上がりです。

 

 

(UNRESS)としては自分達なりのベーシックの追求。研ぎすまされたアイテム達が作れたと思っています。

どれをとっても少し変わっていて、けどスタイリングしやすい。普通だけど普通じゃない。

 

 

ユニセックスとして多くの方に対応出来るようなのディテールやパターンもよく考えて作りました。これら全てはBLANKのアイディアなしには形に出来なかったし、服作り以外の部分でも本当に助けてくれています。最初はアイディアがぶっ飛びすぎていて理解出来ない事もあるけれど(笑)噛み砕くと本当に良く考えられていて良い結果に導かれる事が多いです。お互い良いバランスで臨めていると思います。

 

 

 

新たにレザーバッグにもチャレンジしました。色々企画を検討しすぎて実際に動き出したのは10月入ってからでしたが(笑)ストイックな物がつくれたと思います。僕らも愛用中です。使いやすい!間に合わせてくれた職人さんにも感謝です。

 

今後はよりこの2つのブラッシュアップさせ、よりケミストリーを起こして行きたいと思っています。もっともっと良い物が作りたい!&作れる!と感じる事が出来る内容でした。

 

関わってくれた全ての方々に感謝!

そして次は名古屋!新たに限定商品も用意して臨みます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

 

POP UP STORE初日を終えて。

こんにちは、inoriです!

もの凄い台風がやって来ましたね…

被害に遭われた皆様が

一刻も早く安心して過ごせるように

心よりお祈りしております。



さて、

台風の猛威によって

急遽日程変更して行われた

昨日のPOP UP STORE初日。

雲ひとつない見事な快晴のもと、

たくさんのお客様にお越しいただきました!


黄色いひさしと階段が目印の入り口。


UNRESSと(UNRESS)が並ぶ店内。


先日の写真も

飾っていただいてます。


コスモテキスタイルの田尻さんも

いらしてくださいました。


お客さんのいない隙を縫って

談笑するやじさんと龍さん。





わたしが着るのと、

やじさんが着るのも印象違うなぁと

思っていたけれど、


実際にいらしてくださったお客様が

UNRESSのお洋服着てくださると

またそれぞれに違った印象で

見ていてとてもワクワクしました。


生憎のお天気模様で

ドタバタとスケジュール変わりましたが、

結果的にとても天気の良い中

初日を迎えることが出来て

とても嬉しかったです。





ブログの感想くださる方もいたりして

嬉しかったです〜。

なかなか直に反応いただけることがないもので

喜びもひとしおでした!


半日ギャラリーにいて、

ようやくお客様に

直にお洋服を見ていただけるところまで

やってきたんだなぁ、と

じんわり感動しておりました。





明日も原宿の

ギャラリー ZOOMANにて

POP UP STORE開催中ですので

もしご都合つくようでしたら

是非遊びにいらしてください!



今日のところはひとまずこの辺で。


いらしてくださった方々

ありがとうございました。


今週もinoriがお送りしました!

(重要)トークショーの日程変更のお知らせ

10.12 (Sat)に予定していたトークショーは10.13 (Sun)に変更して開催致します。

下記詳細をご確認下さい。

 

 

UNRESS Y2 × BLANK(河合龍之介) × 山内圭輔トークイベント

2019.10.13 (Sat) 19:30~20:30

UNRESS (UNRESS)19AWの商品やテーマ、(Y.MUCK)の誕生秘話、製作プロセスを中心としたトークセッションになります。

場所:ZOOMAN原宿(POP UP STOREと同会場)

東京都渋谷区神宮前3−21−18

参加条件:UNRESS (UNRESS) POP UP STORE商品購入者対象

UNRESS (UNRESS) POP UP STORE内で、10月13日(日)16:30までに商品を購入頂いた方が対象となります。

トークショー参加希望者の方に整理券を配布し抽選となります。
当選者の発表は河合龍之介のSNSで発表致します。

定員:20人

会場は狭いスペースとなります為、人数を制限してのイベントとなります。ご了承下さい。
尚、20人以降のお客様は立ち見となる可能性がございます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

(重要) ポップアップストアの日程変更のお知らせ

「台風19号接近に伴うポップアップストアの日程変更のお知らせ」

 

10月12 日(土)開催を予定しておりましたUNRESS 2019 AWポップアップストアの“初日”は大型の台風19号の接近が予測されており、お客様の安全を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせて頂くこととなりました。 

詳しいご案内は以下をご確認ください。

 

10.12(土) 12:00-19:00
10.13(日) 11:00-19:00

13日(日)12:00-19:00
14日(月)11:00-19:00

※13日は天候によって開始時間に変更の可能性がございます。予めご了承下さい。

 

なお、初日に予定しておりましたトークショーに関しましても、12日に関しては中止とさせていただきます。

トークショーの今後の日程に関しては現在調整していますので、決まり次第改めて連絡させて頂きます。

 

天候の都合とはいえ、お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますこと、お詫び申し上げます。

取り急ぎになりましたが、今後の情報などについてはUNRESSホームページブログinstagram等をご確認下さい。

 

よろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

19AW Look Book

19-20AW "Re: Nostalgic"をテーマとして「懐かし」さと「新しさ」が共存するデザインを作っていきました。










 

(UNRESS)ではベーシックなアイテムを再考し、素材感や着回しやすさを追求したデザインを。

BLANKとディスカッションの中で作っていったのだけど、全体像が見えた時は「これだ!」と思わずにはいられませんでした。

 

UNRESSはシーンやカルチャーを振り返り、現代のスタイルにブラッシュアップ。

バラのグラフィックやパッチワーク、シルエット等の面からより際立つデザインを、「服」というより「アート」を作るという感覚で作りました。

 

両方をミックスさせてスタイリングしてもしっかり調和するよう心掛けています。

小物類も新作が揃っています。

 

自分流のスタイルで楽しんで下さい。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

 

ROSE but two think

"山内圭輔"君との共作(Y.MUCK)のロンTです。

 


 

"Re: Nostalgic"のテーマのみを伝えただけなんだけど、まさかのバラモチーフの作品を仕上げてくれました。

 

 

 

 

 

 しかも更に奥深く「2輪のバラ」。バラは本数や色毎に花言葉が違います。

「2輪のバラ」の花言葉は「この世界は自分とあなただけ」。

(デザインの更なるストーリーについては彼のブログもチェックして下さい。とても素敵な世界観です)

 

僕も2輪のバラのワッペンをデザインしボディに載せました。

 

 

 

UNRESSとリンクしつつも、彼の世界観もしっかりと伝わる良いものづくりが出来たし、想像以上のものが作れて興奮してます。


スタイルのある作品はとても好きです。

 

 

 

(Y.MUCK)

ROSE but two think-T

・Color: Cream Yellow, Mustard

 

・Size: M, L

(M size) 着丈:74c 身幅:58c 肩幅:53c 袖丈:59c

(L size) 着丈:78c 身幅:65c 肩幅:58c 袖丈:61c

※モデル身長170c、Lサイズ着用

 

・Price: ¥9,000+tax

 

よろしくお願い致します。

 

UNRESS Y2

http://www.unress.com

 

 

UNRESS (UNRESS)19-20AW POP UP STORE

"Re:Nostalgic"

 

東京

2019.10.12(Sat) - 13(Sun)
場所:ZOOMAN原宿
東京都渋谷区神宮前3-21-18
OPEN: 10.12(Sat)12:00-19:00 / 10.13(Sun)11:00-19:00
※営業時間は日によって異なりますのでご注意下さい。

 

愛知

2019.10.26(Sat) - 27(Sun)
場所:maison shintenchi (メゾンシンテンチ)
愛知県名古屋市中区大須3-4-18
OPEN: 11:00-18:00

 

 

 

写真や言葉を飛び越えて。

こんにちは、inoriです。

ついに10月に突入してしまいましたね〜

まだまだ日差しが暑かったりしますが

空模様や夜の過ごしやすさから

秋を感じられる季節になってきました。


6月の末に始めたこのブログも

気づけば3ヶ月にわたって書かせていただき

ついに、今週末、

POP-UPストアを開催するに至ります。


今回は少しこれまでの取り組みの

振り返りをば、させていただこうかと。





わたしのモデルという仕事は、

本来、

写真でしか思いを伝えることが出来ません。


たった一枚の写真に

伝えたいことをどれだけ詰め込めるか。


日々の生活の中で

体型維持、メンタルの安定、

体調や感情のコントロール、

表現方法の探求…などを積み重ねて

ようやく撮影が出来ます。


それでも与えられる場は

基本的には、たった一枚の写真だけ。




それが昨今では

instagramなどのSNSという場が与えられ

モデル個人が枚数の制限なく、

日々のことや、思うこと、

好きなことや、仕事に込めた思いを

発信する機会が出来ました。


得意分野である

写真というフィールドの中で

無制限に、無限大に

伝える、ということが出来る

有り難い場なのです。



ただ、今回、

そのinstagramではなく、

ブログで発信することを選んだのは

わたしが写真の力と同じだけ

文章の、言葉の力を信じているからです。





写真というのは、その一枚で

時間や言葉や文化の壁を超えて、

これから先を生きる全世界の人達に

伝えられる素晴らしい手段です。


解釈の余地も、受け取り方も

千差万別。


一枚の写真を見て

この写ってる人好きだなぁ、なのか

この撮ってる人好きだなぁ、なのか。

色が好き、情景が好き、光が好き。

構図、バランス、コンセプト、メッセージ…

どこに着目して、

好きか嫌いか考えるのか、

とりあえず今は丸呑みするに留まるのか、

あるいは、

何も感じることなく忘れてしまうのか。



それに対して、言葉や文章は

文字数だったり、言語だったり、

その時代や、地方の言葉遣いだったり、

人それぞれが持つ感覚や語彙だったり、

それらが少しずつ違うことで

読み手や伝えられる人を

ある程度制限してしまうものでもあります。


それでも、

制限する、限定することで

こちらが伝えたいことが

より、

本意に近いまま、意図したものに近いまま、

くっきりと、真っ直ぐに、より強く、

読み手に伝えられるものになると

わたしは考えています。


それでも

全部読むのか、途中まででやめてしまうのか、

少しずつ読むのか、一気に読むのか、

何度でも読むのか、そもそも読まないのか、

読み手の自由もいくらだってあります。


しかもこのブログというものは、

写真も文章もどちらも

自分の思うだけ載せられるという

とんでもなく有り難い、

自由な媒体なのです。





この3ヶ月間、

取材を重ねていくなかで、

何を切り取り、どんなことを、どんな形で

どうやって、思いをのせて

読む人に伝えようか。


そればかりを考えていました。


体現だから出来ること、

体現では伝えきれないこと。


写真の力、文章の力。


モデルという目線だから書けること。

肩書き抜きに伝えたいと思うこと。



自由に与えられた場の中で

制限や選択を繰り返していく中で

伝えたいことをより明確に

浮き彫りにする。

ということと、徹底的に向き合いました。



あえて、普段と違う媒体を選ぶことで

普段の表現のフィールドである

写真への向き合い方も、

今後変わりそうなくらいに

これまでにない考え方に気づけました。


本当にとても有り難い機会を

いただけたなぁと

感謝しております。





ただ…


写真も、文章も

発信するだけでは、その時点では

なんの意味もないんですね。


発信したその先に

受け手がいて、初めて

成り立つものなのです。



しかし、モデルという仕事は

写真を見てくれる人とは

直接繋がることが出来ません。


写真という手段で切り取られたわたしは

フォトグラファーさんの手を介し、

編集さんや制作会社、

ブランドやクライアントの

意向や思いのフィルターを通されてのち、

雑誌やポスターなどの媒体になって

ようやく見る人の元に届きます。


ただ、届いた先から

わたしへ反応や反響が来ることは

まず、無いのです。



投げっぱなしのお仕事です。

不安でもあります。



ただ、今回は、

POP-UPストアというものを通じて

ブログでこれまで発信したものを

受けてくれた人たちと

直接繋がれる機会までいただいています。


これまで発信してきた

写真や言葉を飛び越えて

直接繋がれる喜びの鮮烈さたるや!


これは本当に貴重な機会です。


それでも果たして

どれだけの人が来てくれるのかは、

蓋をあけてみないことにはわかりません。

もしかしたら全然

なんの反響もないまま

ひっそりと終わるのかもしれない。


でも、それでも。

それも含めて、

今からとても楽しみにしています。





と、そこまで言っておきながら

なかなかスケジュールが不透明な仕事柄

まだ2日間のうちの在店時間が

まだ確定しておりません…!


在店時間のお知らせについては、

決まり次第、

こちらのブログとわたしのinstagramで

改めてお知らせさせていただきます。


2日間のうち、必ずどこかの時間では

お店に立たせていただきますので、

タイミング合えば、ぜひ

皆さんにお会いさせてください。


ぜひ、服を見てください。

触って、着て、

あわよくばお買い求めいただき

日々の生活の一員にしてください。


そのための3ヶ月間でした。



やじさんから、

貴重な機会がいただけたこと。


取材を快く受け入れてくださった皆様の

あたたかい心遣い。


伝える、ということを

一緒に担ってくれたクリエイターの方々。


みんなみんな感謝しております。


その上で、読んでくださった方と

繋がれる機会がいただけたら

とっても嬉しいです、励みになります。


POP-UPストアで

ぜひ、お会いしましょう。

今週も、inoriがお送りしました!